木製

御前崎の帰りに立ち寄って見ました、以前から見たいと思っていた木製の橋です、
逢菜橋という名前の橋です 時代劇に出て来るような所?
橋桁はコンクリート製 橋の長さが約900M

14-8-5-2.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

吊り橋2

続き 今回は奥にあるかずら橋(先回のかずら橋からさらに奥にある30㌔くらいあり山道です)
記憶に間違いがなければこちらが女橋

奥祖谷二重かずら橋は、祖谷13橋といわれ生活道として利用されていましたが現在、
西祖谷山村善徳と共に2ヶ所だけ残っています、
約800年前平家一族が讃岐志度の浦に破れ、祖谷の地に逃れた後、剣山平家の馬場で軍馬の
調練に、また、木挽き、杣、猟師等に利用されたものです、剣山信仰のため、香川県、海部郡
高知県香美市との交易に一般生活道としても利用、

12-11-6-1奥二重かずら橋

続きを読む

こおろぎ橋

石川県にある粟津温泉に行った時に立ち寄ったこおろぎ橋、2009年6月頃
12-3-9-1.jpg

続きを読む

山陰本線に架かる余部橋りょう(この橋が取り壊しが行われる)前に見に行きました、新しい鉄橋になってからは
ここにはいってません、
2006年12月頃
12-1-30-1.jpg

続きを読む

近くに橋の由来がありました
思いやり橋(神明小網橋)は、愛知県江南市宮田神明町と岐阜県各務原市川島町小網町とを結ぶ橋で、この橋は旧小網橋の老朽化、近年増加する交通量をスムーズに処理するため、両市の協力により架け替えをいたしました、
旧小網橋は昭和38年(41年間使用する)通行を開始、その橋が狭く(幅3m、中間待避所幅5.5m)対面通行できず「ゆずれ」 「戻れ」の争いから「けんか橋」と異名が付く、毎日のように繰り返させる行為は、ある時期を境として減る、そのきかっけは地元の子供たちが作った看板の「この橋は思いやり橋、待ってくれた人にはお礼のあいさつ!
いつのまにかけんか橋は思いやり橋へとして親しまれました、
12-1-27-1.jpg

続きを読む

プロフィール

Author:尾張小牧
FC2ブログへようこそ!
ブログをやり始めたばかりです、フィルムからデジタルに変更が2011・4月頃、
ニコンD5100標準、望遠300mm シグマ500㎜
追伸・見たもの、感じたものを撮っています、また、感じたこと、思いついたこと等を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
fc2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR