湖東三山

湖東三山の一つの金剛輪寺です、
この時期ですので観光客は多かったです、少し遅く葉が散り始めていた、でも、所々色づいていたため
安堵しました、

12-11-20-1金剛輪寺

続きを読む

スポンサーサイト

立ち寄り

山間部を通っていた時に目に付いたところに寄る、
小さな社に銀杏の木があったがもう既に散っていた、黄色の絨毯?が

12-11-19-1県道70号線沿い

続きを読む

公園の木々

岐阜県の曾木公園の紅葉を見てきました、その後に岩村城跡行く(先回掲載)
朝早かったこともあり、余り人はいなかった、

12-11-18-1曾木公園

続きを読む

紅葉

用事の帰りに岩村城跡に立ち寄って紅葉が進んでいるかを見に!
城跡には一本だけが赤く染まっていました

12-11-17-1岩村城跡

続きを読む

渓谷

小布施に行く途中にあった差切峡、奇怪岩?
差切峡は、麻績川の奇岩が連なる渓谷、滝や洞窟も見られる、坂北荘までの景観が特に美しい
春はツツジ、夏は清流遊び、秋は紅葉、冬は水墨画のような冬景色、また、釣りも楽しめるようです、公園内の散策、差切峡温泉もある、
ここは道路側から
12-11-16-1差切峡

続きを読む

町並み

10月上旬頃に小布施に行き、紅葉を観に行きました、また、ここは初めてでした
小布施陣屋跡は、江戸時代中期の元禄14年(1701)から、正徳5年(1715)までの15年間
徳川幕府の天領として陣屋(代官所)が、この地に置かれ代官が年貢の徴収や民事、刑事の裁判などの司法行政に当たった、
陣屋小路
12-11-15-1陣屋の小路

続きを読む

大きなカエデ

大きなカエデの前でアマチャカメラマンが撮影中(人がいるため待っているのかな、人並みは切れないと思うが)
一本の木々に数色の色が・・・
12-11-14-1大峰のカエデ

続きを読む

イチョウとカエデ

長福寺の銀杏とカエデ
イチョウの葉が8分ほど落ちていた、黄色の絨毯にようでした、木製の机といすがあったので撮って観ました

12-11-13-7長福寺の銀杏とカエデ

続きを読む

滝と紅葉

飛騨金山にある横谷渓谷に行きました、夏場の新緑もいいですが秋の紅葉を撮りに行きましたが
少し遅かった、滝のそばにあるため日当たりが悪く色目がいまいちだった、
滝の名前を入れて撮ってある、

12-11-13-1横谷峡4つの滝

続きを読む

家と銅像

今回で終わりです、
祖谷峡にあるしょんべん小僧の銅像(道路わきにそれもしたが崖となっていました)国道になっていますが
道幅が非常に狭い

12-11-10-1祖谷峡ショーベン小僧

続きを読む

続き
かずら橋を観た帰り道でこんなところがありました、
実は案山子の里と看板がありました、ここでバスを待っている村人たち・・・・
初めに見た時は本物かと?思いましたがとくとく見ると案山子さんたち
乗物を待っている状態で小屋まであり乗物の看板?もある・・・

12-11-7-1案山子の里

続きを読む

乗物

続き、今回は野猿という乗物

野猿は、川を渡る目的で設置された人力の索道です、川の両岸にワイヤロープを渡し、このロープに屋形と呼ばれる籠を吊り下げます、利用者は屋形に乗り、別に渡されたロープをたぐることで
屋形を前進させます、この様子が猿に似ていることから野猿と呼ばれ、古くは実用の交通手段として利用、

12-11-6-11野猿

続きを読む

吊り橋2

続き 今回は奥にあるかずら橋(先回のかずら橋からさらに奥にある30㌔くらいあり山道です)
記憶に間違いがなければこちらが女橋

奥祖谷二重かずら橋は、祖谷13橋といわれ生活道として利用されていましたが現在、
西祖谷山村善徳と共に2ヶ所だけ残っています、
約800年前平家一族が讃岐志度の浦に破れ、祖谷の地に逃れた後、剣山平家の馬場で軍馬の
調練に、また、木挽き、杣、猟師等に利用されたものです、剣山信仰のため、香川県、海部郡
高知県香美市との交易に一般生活道としても利用、

12-11-6-1奥二重かずら橋

続きを読む

かずら橋

続き
重要有形民俗文化財の祖谷のかずら橋、(この奥にもあります)
上から見る
祖谷のかずら橋  重要有形文化財
急峻な四国山地に抱かれた祖谷地域は、屋島の合戦に敗れ逃れた平国盛と安徳帝の一行が、平家
再興を願い土着したと伝わる隠田集落であり、近代まで外部との交通が隔絶されていたために、
中世以来の生活様式や独特の風俗が原型に近い状態で残されている、
厳寒な冬の山野で採取したシラクチカズラを編み重ねて作られたこの橋は、橋床の隙間から
谷底が見える、
橋の由来には、平家の落人が追ってから逃れるために切り落とせるように作ったとする説、
四国を巡行された弘法大師が困っている村人のためにつくったという説?
このつり橋は、3年に1度の架け替え工事がある、
長さ 45㍍  幅 2㍍  水面からの高さ(中央)14㍍
12-11-4-1かずら橋

続きを読む

道草

「道の駅にしいや」の中に先客がいたのでビックリ・・・よくよく見ると案山子?それも家族で、
案山子の里が後日出てきます、昼食はここで祖谷そばを食する、

12-11-3-1道の駅に先客がいたので驚いた

続きを読む

住宅

先回の続き、建物は平家屋敷
当家の祖先である堀川内紀は安徳帝の御典医として治承・養和・寿永のころ宮中に仕えたが
平家の都落ちの時、安徳帝を供奉して屋島に逃げ延びた、平家の滅亡の後、残党と共に祖谷に
入山した内紀は、祖谷の山野に薬草の豊富なことに驚き、深山を散策して秘薬を採集し、当地で
医を開業し庶民に医療を施こすとともに、神官を兼ねて医業を行なっていたが蜂須賀、入国の時は
反旗を翻し戦い負傷者の治療に当たった、祖谷軍が破れ堀川家も罰せられたが、後に赦されて
西岡名主となり、性を西岡の地名を取り、西岡内紀と名し当家の初代となる。

12-11-2-1平家屋敷

続きを読む

渓谷

大歩危小歩危峡に行きました、水が綺麗でした、(徳島県三好市)
国道の幅が狭く駐車場がなくライン下りをする所がありここに止めて川上川下方向を撮る、
山間部の道のため(名前は国道であっても)道幅が狭いため運転は慎重でした、
これは川下の方、吉野川、
12-10-30-1大歩危峡・小歩危峡(三好市徳島)

続きを読む

プロフィール

尾張小牧

Author:尾張小牧
FC2ブログへようこそ!
ブログをやり始めたばかりです、フィルムからデジタルに変更が2011・4月頃、
ニコンD5100標準、望遠300mm シグマ500㎜
追伸・見たもの、感じたものを撮っています、また、感じたこと、思いついたこと等を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
fc2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR