道案内5

このシリーズも最後です
この城の裏側になります
不明門跡
一段と低い位置のある門、別名、あかずの門、2階建てで、物置に使用、1階部分は(床下)は門
普段は締め切られ、忍びの門である言われているが、現在門から外につながる道は不確認、
13-1-17-1不門跡

続きを読む

スポンサーサイト

道案内4

続き

馬洗い岩
天守台跡の南下に大岩があり、馬洗い岩と呼ばれている、周囲約45Mの花崗岩の自然石、
名の由来は、苗木城が的に攻められ、敵に水の手を切られたとき、この岩に上に馬を乗せ米にて馬を洗い、水が豊富であるかのように敵を欺いたことからの名、

13-1-16-1馬洗い岩

続きを読む

道案内3

続き
天守台から見た景色
正面に見えるのが恵那山、眼下には中津の町並み

13-1-15-1天守台から見た景色

続きを読む

道案内3

続き

玄関口門
天守閣への道、土廊下の建物が続いて、奥は小屋とつながっていた、通常は施錠されていた、カギは目付け役が管理
13-1-14-1玄関口門

続きを読む

道案内2

続き
綿蔵門跡
本丸へ上がる道をさえぎる形で建っていた綿蔵門は夕方(午後4時)以後は扉が閉められ、本丸には進めない、門の由来は、年貢として治められた真綿が、門の2階に保管されていたことから、

13-1-13-1綿蔵門跡

続きを読む

道案内

中津川市にある苗木城跡に行き、天守台までとその場所から見た景色を順に掲載していきます
第1回は入り口から

風吹門跡
2階が飼葉蔵としてつかわれていた風吹門は大手門とも呼ばれ、城下から三の丸への出入り口に位置する、門番が併置され、昼夜を問わず人の通行を監視、城主の在城時は開門し、江戸在府中は締め切られ潜り戸が利用、

13-1-12-1風吹門跡

続きを読む

影と飾り

先回の続き、町並みでしたがその中で歩いていて目で見たものを出しました
この傘の主は喫茶店の入り口に 大八車の車輪と石臼(現在は使用されておりません)

13-1-11-1町並みで見たもの-飾り物

続きを読む

宿

馬篭宿に行く、ここから上の方へは妻籠宿へ
早朝に行ったから人が入らない写真が撮れました

13-1-10-1馬篭宿-町並み

続きを読む

トゲ

前回の続きです同じ所に展示してあったサボテンのトゲ(花?)を近づき撮りました
真上からではなく少し斜めから

13-1-9-1サボテン

続きを読む

緑化センター内にあった置物に光りが射していてその影が映っていたのでパチリと・・・
大きなものと小さなもの丸いものが並んでいた、この場面は小さい丸いものは大きなものに隠れているが
影は見えています、平凡な写真ですが影を主にしました

13-1-8-1影

続きを読む

可愛い花たち

久しぶりに花が咲いている場所のある緑化センターへ出かけました(春日井)
マクロ撮影をしましたが手持ちでしたのでぶれている?
写したものを並べて見ました
13-1-7-1都市緑化公園

続きを読む

朝陽

今年初めての朝陽撮り、三が日は撮る気がなく今年一番寒い日に朝日を撮る
車で10分位の所に小網橋から見た朝陽

13-1-5-1小網橋から朝日

続きを読む

あいさつ

新年あけましておめでとうございます、
本年もよろしくお願いします
今回は年賀状は1年間撮った中でいいものを(自分なりに)選び写真を入れて友人たちに贈り続けて5年目になりました、
タンポポの羽根
13-1-1-4.jpg

続きを読む

プロフィール

Author:尾張小牧
FC2ブログへようこそ!
ブログをやり始めたばかりです、フィルムからデジタルに変更が2011・4月頃、
ニコンD5100標準、望遠300mm シグマ500㎜
追伸・見たもの、感じたものを撮っています、また、感じたこと、思いついたこと等を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
fc2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR