FC2ブログ

道案内

中津川市にある苗木城跡に行き、天守台までとその場所から見た景色を順に掲載していきます
第1回は入り口から

風吹門跡
2階が飼葉蔵としてつかわれていた風吹門は大手門とも呼ばれ、城下から三の丸への出入り口に位置する、門番が併置され、昼夜を問わず人の通行を監視、城主の在城時は開門し、江戸在府中は締め切られ潜り戸が利用、

13-1-12-1風吹門跡
北門跡
城の外郭にあった土塀付の門で、門番はいなかった、城の入り口にある風穴門から見て、北側にある門であるから名が付いた、ここから先、東側に下りると木曽川に、また北側に道は家臣の屋敷跡の通じる、北門の脇にある小池は、雨水が頼りの貯水池で馬の飲み水に利用、
13-1-12-2北門跡
大矢倉跡
大矢倉は外観からは二層に見えるが、実際は三階建てであった、1階は三方を石垣で囲われ、倉庫として利用、苗木城最大の櫓建築で、2階、3階の壁には矢狭間が設けられ、大手門である風吹門や北側からの防御のためつくられる、
13-1-12-3大矢倉跡
13-1-12-4.jpg
大矢倉跡の全景
13-1-12-5.jpg
大手門跡
苗木城の中で1番大きな大門は、2階建てで、三の丸と二の丸とを仕切っていた、門の幅は二間半、二階部分は物資に利用、領主の江戸参勤出立時などの大きな行事以外は開かず、普段は潜り門を使う、
13-1-12-6大門跡
御朱印蔵跡
切り石できっちりと積まれた石垣の上に建てられていた御朱印蔵には、将軍家から代々与えられた領地目録や朱印状など重要な文書や刀剣類が収められていた、これらの品は毎年一度は虫干しが行なわれていた、
13-1-12-7御朱印蔵跡
最後まで読んでいただき有難うございます
次回につづく
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

日本建築

良い石組みですねえ!
日本の城はこの土台の美しさが上物を引き立てています。

当時の領民の苦労がうかがえますね!

こんにちは

中津川にこのような城跡があるとは知りませんでした
桜の木もあるようなので、春になったら訪れて見たいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

dさん  こんばんは!

コメント有難うございます
TV放送で発見して見に行きました

No title

かやのたも さん こんばんは!

コメント有難うございます
昔も今も、同じですね、
でも、心の財が必要ですね、
金の財は持っていても安心できない

No title

こんばんは♪
地形をうまく取り入れた山城なんですね。
大矢倉跡の全景写真は、一瞬古代マヤ文明の遺跡か?と勘違いしてしまうほど似ていると思いました。 
苗木城跡、まさに“兵どもが夢の跡”ですね♪

No title

なべ さん こんばんは!

コメント有難うございます
最近までここに城跡があることが知りませんでした、TV放送で知り、さっそくに時間を作り出かけました、やはり城ファンがいて寒い中、見学にこられた人がいました(私もその一人ですが)
プロフィール

尾張小牧

Author:尾張小牧
FC2ブログへようこそ!
ブログをやり始めたばかりです、フィルムからデジタルに変更が2011・4月頃、
ニコンD750標準、望遠200mm シグマ500㎜
追伸・見たもの、感じたものを撮っています、また、感じたこと、思いついたこと等を書いています。
パソコンのアドレス変更(busi49@zm.commufa.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
fc2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR