FC2ブログ

季節

ヒトツバタゴ自生地(国指定天然記念物・1923年3月7日指定)
木曽川流域の東海地方と長崎県対馬に自生、ヒトツバタゴの名は、木の形状がタゴの木に似ていることに由来し、タゴは一般に羽状複葉であるのに対して、本種は単葉である、尾張の本草家の方が、文政年間に発見、現在では、両性の株と雄花の株がある「雄性両性異株」として確定、花は、5月に咲き、満開時には全体に雪が降り積もったように壮観をみせます。
本種は、伊勢湾周辺の低湿地を中心に分布し、「東海丘陵要素」と呼ばれる固有・準固有ないしは著しい隔離分布を示す植物群の一つです。近年は、街路地や庭木として植栽されていますが、自生木は極めて少なく、植物版レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。植物進化の歴史を示す貴重種であり、自生地である湿地の条件と共に保全していくことが大切です。
この記事が書かれていた所は入鹿池の近くです。


14-5-6-1ヒトツバタゴ犬山
白いものが一面の覆われると雪が積もっているように見えるそうですが・・
これを撮った日は満開ではなかったので残念でした。
4本くらい並んでいるうちの1本だけが写真のようだった
14-5-6-2.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ヒトツバタゴ

これがヒトツバタゴ!
名前は聞いたことがありますが、木を見てもわからないですねえ!
秋に実のなる木はたいていわかりますが、、、

いまは椎の木に花が咲いていますね!
オニクルミも花盛りです。

No title

かやのたもさん  こんばんは、
コメント有難うございます
青い葉の上に白い花が咲き遠くから見ると雪が積もっているように見えるそうです、
今はバラの花、カキツバタの花、が咲いているだろう
プロフィール

尾張小牧

Author:尾張小牧
FC2ブログへようこそ!
ブログをやり始めたばかりです、フィルムからデジタルに変更が2011・4月頃、
ニコンD750標準、望遠200mm シグマ500㎜
追伸・見たもの、感じたものを撮っています、また、感じたこと、思いついたこと等を書いています。
パソコンのアドレス変更(busi49@zm.commufa.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
fc2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR